近畿建築士会協議会青年部会(近建青)のブログ

近畿建築士会協議会青年部会(近建青)が開催・参加したイベントについてのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平成27年度 第4回定例会議(大阪)

【開 催 日】 平成27年11月14日(土) 14:00~17:00

【 開催場所 】 味園ユニバース(大阪府大阪市中央区千日前2-3-9 5F)

【出 席 者】 <役   員> 松井部会長、城田副部会長、福坂副部会長、安田副部会長、稲原相談役

         <部 会 員> (運営委員会) 竹田委員長、有元、、内田、上野、森田岩西 各委員

                   (研修委員会) 島村委員長、川嶋、長 、室木、阪口、東川 各委員

                   ( PR委員会 ) 中谷委員長、野邑、松本、西田、衣川、竹本 各委員

         <オブザーバー>  清水、エリック、南、櫻井[以上大阪]

         <事 務 局>  山本 [大阪]

         ※氏名、は欠席者

【幹    事】 <司 会 者>  竹田委員 [大阪]
         <記 録 者>  西田委員 [大阪]




【1】挨拶・確認事項
   1.綱領唱和
   2.山本担当会長挨拶
   3.宮宅副会長挨拶
   4.松井部会長挨拶
   5.出席者確認 (※上記の通り)
   6.司会者、記録者確認 (※上記の通り)
   7.資料確認
   8.議長選出

【2】報告事項
   1.前回議事録の確認
   2.正副部長会議報告
     ・議事録改めて送ります。
   3.連合会報告 →安田副部会長、川嶋委員より   
     フォーラム参加者306名 懇親会226名
     地域実践活動報告 票数
     最優秀  長野   121票
            愛媛   73票
            佐賀   66票
            北海道  66票
            滋賀   45票
            愛知   44票
            山形   39票

【3】活動報告及び議案
   1.PR委員会 
     ①近建青アニュアルの作成<担当:衣川@兵庫>

      アニュアルシートのフォーマットは?
       ・前年度と同じ

      補足
       ・アニュアルの表紙は前年度と同じデザインで行う
       ・内容の確認はMLで改めて送るので確認願います。

      今井町町歩きは入れる?
       【回答】・年度またぎであるが2015年版で掲載する

      部数について
       【回答】・次回和歌山会議で確認する

      11月30日締め切りとあるがその後のスケジュールは?
       ・締め切り後1,2週間差し替え・追加予備日を設ける。
       ・年明け粗構成に入る
       ・和歌山会議にて構成の承認をもらう

      全員挙手により承認

      ②ホームページ・ブログの運営管理<担当:竹本@和歌山>
       
       進捗状況報告
       ・坂井氏の協力のもと、プロフィールの更新を行った
       ・Google Analyticsによるアクセス解析を今後検討していきたい
       ・HPの精査
        ブログの必要性や全体的な構成を精査し、ページ数を減らす
       ・次回会議にて精査方法を提案する

       坂井氏へのお礼は?
        ・事業報告は出ている

      ③単位士会事業の広報活動及び近建青事業の各府県広報誌への記事掲載活動<担当:野邑@滋賀>

       広報活動が可能なツール及び各府県の機関紙(広報誌)への近建青事業記事掲載可否の調査・確認 報告

      【PR】近畿あーきの報告を各単位士会広報誌に載せるのか。
          ・和歌山はすでに載っている
          ・滋賀は現在原稿を上げているところ
          ・大阪 京都 奈良はどうするのか
          ・内容は統一したものであるほうが好ましい

      【PR】掲載内容を運営さんで作ってもらいたい。
          【運営委員会回答】・対応します。

      FBで近畿あーきのお礼をしたほうが良いのでは?
          【回答】・精査します。FBで行うのはどうか。

      サミットの記事掲載は継続協議を行う。

   2.運営委員会

     ○近畿あーきてくと2015の報告
      ・41枚のアンケートの回収ができた
      ・高評価を多くいただけた
      ・エスカーションをタイムスケジュールが被っている点が今後の課題である
      ・参加者88名
      ・アンケートの集計を次回の会議に向けてまとめる

   3.研修委員会

    ・人数増加に伴い開催場所を変更した。
     たかつガーデン→大阪府建築健保会館

    ・健保会館を12月2日に見学予定

    ・前回の共産企業に再度声掛けを行っている。

    ・協賛募集期間を2016年1月15日から2015年12月18日にした

    ・グループ分けでテーブルの人数制限はあるのか
     【回答】・現在9テーブル。配置は名簿を元に各委員長と相談の上決めます

    ・サミットの参加はするが事情により懇親会の参加が難しい人が多い。
     【回答】・参加費は一律2,000円かかります。

    ・グループ分けについて、活動歴だけではなく、他団体での活動もふまえるのはどうか。
     【回答】・活動歴が浅い人の発言のしやすさという点で配慮を行った。

    ・ビデオは「近建青」としての活動ビデオという認識でしたが近畿あーきの事業に特化した内容のビデオなのか?
     【回答】・近畿あーきという大きな事業の特化したもの

     松井部会長・ブロックで発表できる「近建青」自体の活動がわかるものを作ってほしい。

    ・運営委員会が近畿あーきを紹介できるものを作るのかなどの協議が必要。

    ・このテーマで本当に仲良くなれるのか?
     【回答】・サミットとしては建築士らしい話し合いを求めます。
          その後の懇親会で柔らかいお話をしていただきます。

    ・近畿あーきてくと協賛のYKKに福坂さんに声掛けをお願いしている。

    ・ブース不要でカタログだけ置かせて欲しいという企業は?
     【回答】・今回はブース出展のみとします。

【4】その他
   次年度の部会長は川嶋氏となりました。      

【5】各府県活動報告(大阪室木より)
   組織概要・運営方法・運営方針について

      ・通年行ってきた事業を辞めた経緯を教えて下さい。
       長く行ってきた事業運営に疲れが見えてきた。
       そのような企画は寿命ではという判断。
 
      ・家づくりシミュレーションはどれぐらい集まるのか?
        おおよそ30名程度

      ・家づくりシミュレーションのような住宅相談会の回答のリスクについては?
        意外に難しい話は少ない。
        シートに沿ってマニュアル通りに進めて解決へ導く進め方なので、変則的な相談は少ない。

【6】各単位士会青年委員会(部会)からの報告
      ◯各府県事業予定一覧を元に今年度の残りの事業の説明

       1.滋賀:P32青年フォーラムでは奨励賞となりました。
             ご協力ありがとうございました。
       2.京 都:P32
       3.大 阪:P33
       4.兵 庫:P33
       5.奈 良:P33
       6.和歌山:P33
      
【7】オブザーバーより
   南、エリック、清水、櫻井より挨拶

                                        以上
※第5回定例会議(和歌山県にて開催)
   場所:ビック愛    日時:平成28年1月16日
スポンサーサイト
  1. 2015/12/08(火) 18:16:34|
  2. 定例会議
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成27年度 第2回定例会議(兵庫)

20150718兵庫会議開催記念




【開 催 日】 平成27年7月18日(土) 14:00~17:00

【 開催場所 】 神戸市教育会館203会議室(兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目10番5号)

【出 席 者】 <役   員> 松井部会長、城田副部会長、福坂副部会長、安田副部会長、稲原相談役

         <部 会 員> (運営委員会) 竹田委員長、有元、、内田、上野、森田、岩西 各委員

                   (研修委員会) 島村委員長、川嶋、長 、室木、阪口、東川 各委員

                   ( PR委員会 ) 中谷委員長、野邑、松本、西田、衣川、竹本 各委員

         <オブザーバー>  宮宅副会長、上河、工藤、藤原、堀田、山本[以上兵庫]

         <事 務 局>  山本 [大阪]

         ※氏名、は欠席者

【幹    事】 <司 会 者>  阪口委員 [兵庫]
         <記 録 者>  上野委員 [兵庫]




【1】挨拶・確認事項
   1.綱領唱和
   2.山本担当会長挨拶
   3.宮宅副会長挨拶
   4.松井部会長挨拶
   5.出席者確認 (※上記の通り)
   6.司会者、記録者確認 (※上記の通り)
   7.資料確認
 
【2】報告事項
   1.前回議事録の確認
   2.正副部長会議報告(7/8開催)
     松井部会長より会議内容について、報告
   3.連合会報告 →安田副部会長、川嶋委員より   
     ①全国大会フォーラム開催について
      ・開催時刻が30分早まり、16:30開始となる。
      ・建築士フォーラム参加費2000円、懇親会5000円。
      ・建築士フォーラムは、発表者とファシリテーターの2名とする。
       1ブロック2ブース制となるため計4名が必要になるが、
       発表担当府県で構成できない場合は
       近畿建築士会協議会青年部会での協力も検討する。
      ・アワード選考にあたり、ファシリテーターの進行も評価対象となる。
      ・今年度は連合会長賞を最優秀賞とし、開催県士会長賞を優秀賞に変更
     ②全国大会3委員会合同セッション開催について
      ・青年担当の活動報告について、空き家対策アンケートを8月末までに実施
     ③近畿建築祭和歌山大会 連合会青年委員長出席について
      ・関口連合青年委員長の参加予定を確認
     ④その他(全国大会前夜祭等の予定、人数確認)
      ・フォーラム、近畿ナイトの参加について予定数(近建出向メンバー含む)の確認
       滋賀10名、京都5名、大阪4~5名、兵庫3名、奈良10名、和歌山8名
       去年は70名程度

   4.その他 →松井部会長より説明
     ①7月8日に開催された近建協会議の報告
      ・青年予算の⑥その他事業の説明を行った。
      ・フォーラム担当者の補助については連合会からは出ない。パネル代のみ。
      ・近畿からは8万円の補助を計上
      ・予算書の通り事業計画を実施しますので確認して下さい。
      ・AFF建築学生ワークショップ2015の事業協力の件 →資料をメーリング
       参加意思のある場合、人数を連絡 →島村委員長まで

【3】活動報告及び議案
   1.PR委員会 
     ①運営・活動方針及び活動内容について報告
      ・必須活動1~5の5件、選定協議A~Eの5件を説明
       選定協議についても全て実施予定
      ・3(ホームページ・ブログの運営管理)、A(定例会議の各府県の発表のまとめ)
       B(単位士会の事業広報の検討)については兵庫会議で説明
      ・2(PRビデオ作成)については滋賀会議で説明

   2.研修委員会
     ①運営・活動方針について、報告
     ②(仮称)青年サミット企画(案)について
      ・現在作業中で本日は案とします。意見については研修委員会まで。
       各単会で議案にかけ内容を協議して下さい。
      ・7月30日に小委員会を開催し確認、近建青メンバーはそれまでに意見を。
      ・開催主旨、目標、実施方法の説明がなされた。
  
   3.運営委員会
     ①運営・活動方針について、報告
     ②近畿建築祭、近畿あーきてくとについて
       ①近建祭の実施の説明
        ・各添付資料については、担当委員以外も目を通すこと。
        ・各府県の発表者は添付資料通り
       ②チラシ、予算書、当日スケジュールなどについて説明
        ・チラシについては訂正し今月中に和歌山へ提出
        ・裏面については現在調整中
        ・収支予算書について説明
       ③広報、集客などについての説明
        ・来場についての公共交通機関を利用する場合の資料にて説明
        ・車で来られる方は、事前に駐車場の予約を入れる。
         各府県でバス車、台数を含め和歌山へ報告を行う →和歌山島村委員長まで
        ・各府県10名程度を参加要請として、各単会へ依頼
       ④検討事項等
        ・高野山からのバスの増便を打診中
        ・当日の交通費を運営で取りまとめ和歌山へ提出
        ・広報のFB等については、公開時期を含めいつの時点で承認するか検討
        ・チラシ面の公開については近建青の事業としてFBに掲載    
       ⑤以下の各質疑について、対応すること。
         質問1 近建青のメンバーの集合時間場所は? 野邑委員
         回答1 運営委員・各委員長及び三役は、10:30 201教室に集合
              当日の役割分担を含め確認を行う。
              12:15全員集合とします。
        
         質問2 ポスターに主催者として近建協をいれては? 事務局山本氏
         回答2 入れます。


【4】その他
      ①近建祭FB等について
       ・FBのトップページ案を説明 →内容確認し承認
       ・文章については、運営事業の文章を統一することを検討。
       ・各自掲載をUPするのは、近建UP後とする
      ②FB投稿の権限について
       ・管理者及び各委員とする?
       →全員では文章内容等について管理が難しい。
       →限定する方が良いと思われるが、毎回UPすることを考え検討が必要。
      ③チラシの承認について
       ・本日修正分をメーリング →内容については確認し承認を経てから
      ④近建祭後の懇親会について
       ・当日18:00~ 橋本駅周辺で実施、会費は5000円前後。
       ・各委員会で発表者を含め参加人数を確認のこと。
       ・観光客と交通機関が重なる可能性もあり、開始時間を含め検討のこと。
       ・学生については懇親会参加を見合わせる。
       ・各府県会長に参加依頼するが、代理までは不要とする。
      ⑤セッションの場所について 
       ・現場の下見を実施し、参加者の現実的な人数を見定めること。
      
【5】全国大会フォーラム代表発表府県選定
      ・4府県の発表を行い、投票により決定することで承認
      ・発表内容は下記による
       1.滋賀  野邑委員 「滋賀県内建築系大学等の学生による設計コンペ」
       2.兵庫  衣川委員 「建築子供プログラム~僕らは未来の建築士~」 
       3.奈良  中谷委員長「地域イベントにおける建築士会ブース出店事業」
       4.和歌山 島村委員長「親子木工教室」
        ※投票の結果、滋賀県に決定

【6】各府県活動報告(兵庫県より) →衣川委員より
      ◯兵庫県建築士会青年委員会の活動報告
       ・組織構成の説明 ・委員会構成の説明
      ◯委員会の活動方針の説明
       ・定例会議について ・運営方法について ・運営方針
      ◯事業報告 「想いを伝える建築写真入門講座」について説明

     質問1 事業報告の一般の割合は? 野邑委員
     回答1 会員30名、非会員20名、青年部会員10~15名
   
     質問2 広報チラシはどのように行った? 内田委員
     回答2 HP、FBにて広報し、前回事業に参加され興味ありそうな方に

     質問3 案内板は作成したのですか? 室木委員
     回答3 今回は会場側で用意いただいた
      
【7】各単位士会青年委員会(部会)からの報告
   ※時間短縮により発表割愛

【8】オブザーバーより
  <兵庫青年他> 工藤委員、上河委員、藤原委員、堀田氏、山本氏より挨拶



平成27年度第2回定例会議(兵庫会議)の報告は以上です。

作成者:PR委員会委員  兵庫県建築士会  衣川 幸文
  1. 2015/07/12(日) 11:30:16|
  2. 定例会議
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成26年度 第3回 定例会議(滋賀)

【開 催 日】 平成26年 9月13日(土)14:00~17:00
【開催場所】 八幡コミュニティセンター(八幡公民館)
【出 席 者】 <役   員>松井部会長、城田副部会長、福坂副部会長、安田副部会長、稲原相談役
         <部 会 員>(運営委員会) 岩西委員長、有元、寺川、竹田、山本、中谷(淳)
                 (研修委員会) 橋詰委員長、川嶋、長、竹原、向出、島村 
                 (PR委員会) 清水委員長、村上、秋山、衣川、中谷(耕)、坂井

         <オブザーバー>伊藤副会長、山中常務理事、本田、猪田、根縫、平井、覚張、尾崎、澤村(以上滋賀)

         <事 務 局>山本
           
         ※氏名は欠席者  

【幹  事】<司会者>川嶋委員[滋賀] 
       <記録者>有元委員[滋賀]


【1】挨拶、確認事項
 1.綱領唱和
 2.滋賀 伊藤副会長 挨拶
 3.松井部会長 挨拶
 4.出席者確認及び自己紹介
 5.司会者、記録者確認
 6.資料確認
 7.議長選出議長 福坂副部会長

【2】報告事項
 1.正副部長会議報告(城田副部会長)
  ○近建青の定例会議について
   •定例会議の進行方向を以下に変更する。
    これまでは開催府県の委員が司会を務めていたが、滋賀会議より部会長が指名する副部会長が「議長」となり、
    会議の進行を行う。具体的な進行方法は以下とする。
    [1]挨拶・確認事項 → [司会開催府県委員による]
    [2]報告事項
    [3]活動報告及び議案
    [4]その他 → 議長
    [5]開催府県活動報告
    [6]各単位士会報告 → 司会
  ○各議案については、議案ごとに挙手、拍手にて採決を取る。
  ○定例会議資料について
   •計画書及び報告書の書式については、当面、滋賀県の書式を使用し使いやすいように随時、改良していく。
   •各委員会の定例会議資料は、担当副部会長の承認を得た上で、会議開催日の1週間前までにメーリングリスト
    にアップする。
   •定例会議における各委員会からの報告・協議事項については、正副部会長にて事前に協議しておきたいので、メ
    ーリングリストアップ前に担当副部会長の承認を得ていただきたい。
   •定例会議レジュメについて、以下の変更を行った。
   ・担当会長の次に開催府県役員を追加。
   ・[1]―8に議長選出を追加。
   ※川嶋委員より滋賀県建築士会の事業計画書書式説明
   •今後しばらく、この事業計画書、報告書の書式を使用します。
   •近畿建築士会協議会青年部会における事業開催の流れ、組織役割の説明
  ○次年度の各委員会の事業内容について
   •次年度の各委員会の事業については、近建青での活動がより有意義な活動となるために、テーマに沿った活動
    を行うこととする。
   ・次年度のテーマについては、連合会との連携を図るために「全国委員長会議において設定されたテーマ(例年10
    月頃に決定予定)」とする予定であるが、テーマが提示され次第、正副部会長にて、上記テーマで事業計画を行
    うかどうか協議する。
   •近建青出向メンバーにはテーマ決定次第、メーリングリストなどにより、報告する。各委員会においては1月の和
    歌会議までに各委員会の次期委員長を決定の上、その後、小委員会を開催し、3月の京都会議にて次年度の事
    業案を発表頂きたい。
  【質問】計画書等の書式変更に至った理由を教えてください。
  【回答】今まで統一の書式がなく、会議をスムースに進行する為に書式の変更を行いました。
      各都道府県の書式を頂いて、正副会議でどの書式が使いやすいかを検討した結果、滋賀の書式を使うことに
      なりました。
      今回の変更書式で決定ではなく、会議を進めていく中で、色々なご意見を頂き修正しながら近畿の書式を作っ
      ていけたらと思っています。
  【質問】書式についてはわかりましたが、それ以外の議長選出、全国委員長会議で決まったテーマを次年度の事業
       内容に反映させること、たとえば運営委員会では、1月すぐに近畿あーきてくとがあるので、そのテーマに合
       わすことが次年度遅れになってしまうのではないでしょうか。
  【回答】議長を副部会長がすることに至った理由ですが、良い会議にするには、各委員の活発な意見、質問が必要
       だと思います。
      今までは、開催府県の委員が議長を務めていましたが、忌憚のない会議にするには、それでは難しいと考え
      副部会長が議長をする勤める事としました。
     次年度の事業に連合会テーマを反映させることについては、確かに運営の事業は、近建際の事業テーマを開
     催府県が決めますので難しいと思います。他の事業については連合会テーマを反映できるか検討します。

  【質問】清水委員長:事業開催の流れで、メーリングリストにて承認とありますが、どの様な形で承認されるのか教え
      てください。
  【回答】松井部会長:定例会議で事業計画の承認を得るのが基本ですが、部分的に検討が必要である場合は、期限
      を定めメール等での承認も可であると考えています。その運用はケースに応じて決める形で良いと思います。
      また、その際は担当部会長に相談して進めてください。

 2.連合会報告(安田副部会長)
  ○日本建築士連合会 第一回青年委員会 議事録説明
  ○新年度の委員長に関口 仁己さん(徳島)が承認されました。
  ○副委員長に針ヶ谷 拓己(北海道ブロック代表委員:北海道建築士会)
         樋渡 祐輔(東北ブロック担当委員:秋田県建築士会)
         安田 和人(近畿ブロック代表委員:兵庫県建築士会)
  ○平成26・27年度テーマ:『ありがとう』と言ってもらえる、そんな貢献活動の輪を広げよう!
  ○活動目的、活動目標、今期運営はすべて承認された。※連合会議事録参照
  ○メルマガ送信、各ブロック事業報告レポート等のホームページの情報掲載について説明。
  ○全国建築士フォーラム、交流セッションについて説明。
   •各都道府県の委員長は、会員増強に向けた活動事例報告の提出を9月30日までにお願いいたします。

 3.その他
  •会議終了までに議事録の確認いただき、不備があれば申し出て下さい。

【3】活動報告及び議案
 《PR委員会》
  ○かまどベンチについての事業報告(担当:村上委員)
   •4月20日に第2回目を行った.作業内容:1回目ベースコンクリートの打設、2回目煉瓦積み、座板の制作を行いま
    した。
   •参加者:草津南笠ニュータウンの皆様、15人
   •建築士会:稲原相談役、松井部会長、川嶋委員、PR委員の6名、詳細な報告は次回の大阪会議で報告したいと
    思います。
  ○HPによる情報発信(担当:坂井)
   •PR委員によりブログを随時更新しておりますのでご確認ください。
   •各事業の簡単な報告記事、写真をお送りください。ブログにUPいたします。
  ○イベントカレンダーについて
   •イベントカレンダーは他府県の活動についても知ることができるので、出向メンバーは勿論のこと各府県の委員の
    方にもご活用頂ければと思います。
  ○近建青アニュアルの作成(担当:秋山、中谷)
   •印刷会社依頼状況
   •現在、京都戸と奈良の業者、2社で見積もりをとっており金額の交渉中です。
  ○地域実践活動事例報告シート最新版
   •各単位士会の現在の進行状況
   ・各士会の活動事例を11月前半頃までにPRの担当に提出して頂くことになると思いますのでご協力お願いいたし
    ます。
   •最新版のエクセルデータを作成しましたので、後日、PR担当からお送りいたします。
   •装丁及び内容検討
   •作成した表紙の通りで宜しいですか。ご確認ください。
   •下部にSine19 ○○とします。創立何年か調べます。

  【質問】『2014年活動報告』とありますが、誰の活動報告かわかりにくいです。
  【回答】2014年近建青活動報告としてもよいですが。
  【意見】近建青と入れてしまうと近建青の活動報告となってしまいます。
     アニュアルの中身は各単位士会の活動報告ですのでおかしいかと思います。
  【回答】近建青と入っているものと、入っていないものと作ってメーリングリストへ流してください。
  【質問】■が縦横8列ですが、近畿2府4県ですので6列にできませんか。
  【回答】過去からの踏襲としております。

   •本年度の作成部数が550〜590部となっておりますが、毎年、沢山余ると聞いておりますのです。アニュアルデー
    タをPDF化してCDで配布する等、印刷部数について確認したい。
   •近建際用:260部 11月末確定します。
   •次回の会議には期限をお伝えできると思います。各府県には届いていますか?
   •必要ですか?各府県の委員長さんが次回会議までに必要部数の確認と前回のアニュアルの在庫があるかの確認
    をお願いいたします。
   •全国の青年委員長:50部は渡しています。
   •次回までに各担当は必要部数を確認してください。
  ○プロモーションビデオ作成(担当:村上)
   •昨年度のスケッチアップセミナーの写真がございませんので提供をお願いいたします。
  ○活動写真の撮影・管理(担当:坂井)
   •保存期間、動画の保存の必要性
   ・PR委員会の方で検討して提案してください。
  ○一般向け建築士会PR用資料の作成(担当:衣川)
   •PR内容について
   •PRで使うツールの検討
   •名刺サイズ2つ折→仕事での名刺交換時などに配りやすい。
   •A4サイズ→地域のイベントなどで配布しやすい。
  ○その他
   •HPの更新が終わりました。お名前、顔写真等に間違いがないか各自ご確認宜しくお願いいたします。
   •安田副部会長の役職がJTBとなっています。副部会長に修正しておきます。

 《研修委員会》
  ○Wセミナーについて
   •現時点での参加人数(近建青メンバー)確認。
   •【質問】事業計画書の予算、収入の部、一般1000円x5人=0円となっています。
   【回答】後日、修正いたします。
   •事業計画承認(条件付き)

  ○会長座談会について
   •11月15日の大阪会議の日に会長座談会を行います。前半は建築業界の若手不足、後半は建築士会会員増強
    につてワークショップを行います。6人の会長を3グループに分けましてワールドカフェ方式のワークショップを行
    います。
   •会長座談会の記録を行いたいので、PR委員会で撮影をお願いします。
   •【質問】今回は何人の会長が参加される予定ですか。
   【回答】和歌山県のみ副会長が参加され、その他は会長が参加されます。
   •事業計画承認。

 《運営委員会》
  ○『近畿あーきてくと』について
   •リーフ掲載文が出来上がりました。
   ・発表書には依頼書を送付済み。
   •近建際の取り決めとして、全体のとりまとめは兵庫、細部は各セクションで行う。
   •ポスター案は兵庫建築士会が作成済み。
   ・リーフは2種類。
    ①表:近建際+裏:各セッション(9月末締め切り)
    ②表:近建際+裏:近畿あーきてくと(学生枠が決定次第、兵庫へ依頼)
   •各後援依頼は兵庫として依頼。
   •協賛企業への依頼は、近建際として近建青が行う。
   •協賛依頼先予定:YKK、A&A、マーベックス・オスモ、淡路、パナ、大阪ガス。
   •出展費は3万円/ブース。
   •学生枠には兵庫県から選出予定。
   ・発表者の謝礼は、一般:5000円、学生:図書券。
   •当日スタッフ10名。現時点での交通費は1人2000円。
    兵庫会議の全委員の交通費をメーリングリストに送ってください。
    それをもとに算出した交通費を兵庫に要望します。
   •11月末に発表者のデータ受取予定。
   •滋賀県の発表者からNHKテレビ放送視聴依頼。
   •ポスター、リーフ案訂正あり。修正したデータをメーリングリストに送ってください。それをもって承認とする。
   •企業協賛の最終期限は10月末。ブースサイズは2mx2mの10カ所。
   •近建際の募集案内は、10月初めに出して11月末まで。

【4】その他
 •特になし

【5】各府県活動報告
 (滋賀県)
  •組織構成、委員構成及び所属人数等の概要説明
  •第1部会:対外事業(学生コンペ、あーき塾)   
   学生コンペの内容説明(技術相談→コンペ)内容:応急仮設住宅
  •第2部会:対内事業(あ—き塾:スピードスケッチ、大原小学校総合学習、研修旅行)
  •第3部会:親睦事業(あ-き塾:瓦、親睦旅行、交流会)

【6】各単位士会青年委員会(部会)からの報告
《今後の予定》
 1.滋賀
  •11月22日(土)   40周年事業 (立命館大学)
  •2月7日(土)    授与式、青年建築士交流会
  •3月20-22日    研修旅行
 2.京都
  •9月15日(月)   淀少年補導委員会連携事業・木工教室 (淀競馬場)
  •9月18日(木)   BIMによる実施設計 何ができるかできないか?(総合資格学院)
  •9月23日(火、祝) 地引網体験(宮津市田井 宮津ヨットハーバー)
  •10月18日(土) 免震レトロフィット現場見学会 (神戸第二地方合同庁舎)
  •11月1日(土) 京都青年団体会議 (京都タワーホテル)
  •11月予定 石川建築ツアー →中止予定
  •12月予定 緑のデザイン勉強会
  ・1月予定 建築のトレンドを学ぶシリーズ →春頃に繰り越し
  •2月予定 欠陥住宅ネット意見交換会 (建築会館別館)
  •2月予定 H26普通救命講習
  •3月予定 建築家セミナー
  •3月予定 マーケティング理論から学ぶコンセプトメイキング
  •4月予定 国内研修旅行(高知)
  •時期未定 中大規模木造建築構造勉強会 →12月に開催予定
  •時期未定 建築と巡る寺社仏閣見学会第二回、第三回
 3.大阪
  •9月20、21日(土、日) 軽井沢の山荘見学会(予定)→次年度に繰り越し
  •11月8日(土) 家づくりシュミレーション1
  •12月6日(土) 家づくりシュミレーション2
  •11月22日(土) ビジネスマナー講座
  •日程未定    BIM勉強会
 4 .兵庫
  •9月13、14日(土、日) 加古川楽市出展(加古川支部)
  •9月23日(火) LED照明基礎知識と最新システムを学ぶ
  •10月18日(土) 建築セミナーin香川県(神戸支部)
  •11月未定 レベルアップ講座(設備)
  •12月13日 パースセミナー
  •2月7日 建築写真の撮り方
  ・2月28日 事業報告会
  •開催中 町家まちなみ見学談義(龍野支部)
  •企画中 兵庫探訪 見学会(北播磨支部)
  •企画中 温熱講習会(豊岡支部)
  •企画中 防災セミナー(南但支部)
 5.奈良
  •11月2日(日) 大和郡山カトリック幼稚園への青年委員会ブース出店
  •11月9日(日) 三重県建築士会青年委員会合同見学会 はならぁと2014の見学
  •11月15、16 (土、日) 第34回全国豊かな海づくり大会への青年委員会   ブース出展
  •12月14日(日)頃 お菓子の家づくり事業
  •1月24日(日)頃 建築士試験合格者祝賀会
  •2月28日、3月1日(土、日) 第二回 奈良の森と木と家のフェスタへ青年委員会ブース出展
  •3月 第二回 大人の工場見学
 6.和歌山
  •10月26日(土) きみのこどもまつり 木工教室ブース出展
  •11月9日(日) 青年家族親睦会 BBQ
  •11月〜調整中 おかしな家でまちづくり事業 予定:白浜町商工会
  •3月21日(土) 防災運動会 スタッフ協力参加
  •4月25日(土) 青年・女性共同事業 講演会

【7】オブザーバーより
 ・根縫副委員長、本田副委員長、平井委員、覚張委員、尾崎委員、澤村委員
  1. 2014/09/13(土) 09:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

防災かまどベンチ製作(2回目)

写真 2014-07-20 10 17 33

写真 2014-07-20 10 03 36



【開 催 日】 平成26年7月20日 9:00~15:00

【 開催場所 】 滋賀県草津市笠山 師子舞谷児童公園

【出 席 者】 草津市南笠ニュータウン町内会
         (近建青) 稲原相談役 松井部会長 川嶋委員 清水委員長 坂井委員 秋山委員 衣川委員
                中谷委員 村上委員

【 事業概要 】 草津市南笠ニュータウン町内会へ、住民の防災意識を高めることを目的にした、
          防災かまどベンチの共同制作に行ってきました。

【 作業内容 】 レンガ積 座板製作


テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

  1. 2014/07/20(日) 15:00:00|
  2. 報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成26年度 第2回 定例会議(兵庫)

CIMG1689.jpg

CIMG1692.jpg

CIMG1695.jpg



【開 催 日】 平成25年7月12日(土) 14:00~17:00

【 開催場所 】 神戸産業振興センター(兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目8-4)

【出 席 者】 <役   員> 松井部会長、城田副部会長、福坂副部会長、安田副部会長、稲原相談役

         <部 会 員> (運営委員会) 岩西委員長、有元、寺川、竹田、山本、中谷(淳) 各委員

                   (研修委員会) 橋詰委員長、川嶋、長、竹原、向出、島村 各委員

                   ( PR委員会 ) 清水委員長、村上、秋山、衣川、中谷(耕)、坂井 各委員

         <オブザーバー>  高橋会長、水上、堀田、阪口[以上兵庫]

         <事 務 局>  山本 [大阪]

         ※氏名は欠席者

【幹    事】 <司 会 者>  衣川委員 [兵庫]
         <記 録 者>  山本委員 [兵庫]



【1】挨拶・確認事項
   1.綱領唱和
   2.山本担当会長挨拶
   3.高橋会長挨拶
   4.松井部会長挨拶
   5.出席者確認 (※上記の通り)
   6.司会者、記録者確認 (※上記の通り)
   7.資料確認
 
【2】報告事項
   1.連合会報告(中四国ブロックとくしま大会・関東甲信越ブロック東京大会報告)/報告者:川島委員
      ・別紙資料よる各ブロック大会の参加の報告。
      ・各府県青年委員長に追加アンケートの対応要請。

   2.全国大会ふくしま大会について/報告者:川島委員
      ・全国大会ふくしま大会の参加者を取りまとめ要請。
      ・10月23日は17:00~フォーラム、10月24日は9:00~セッションという構成。

【3】活動報告及び議案
  
  《PR委員会》代表説明者:清水委員長
    1.かまどベンチの報告 市民20人 危機管理課2人 近畿6名の参加
      盛大に開催出来て良かった。次回は7月20日。
    2.HPによる発信
      新委員の写真の取集し、更新する。
    3.トップページに近畿建築祭の予告ページ作成
    4.事業報告をHPにUPするので各委員会は早めに原稿を提出
    5.近建青アニュアルの作成:近建祭250部、近畿各単位士会120部、
      全国各ブロック70部、全国青年委員長50部+α の合計550部
    6.近建青のプロモビデオ作成(近畿あーき用max5分程度)
    7.活動写真の撮影、管理、保存:HDDを購入して保存していきたい。
      →HDDの必要性や金額を含めもう少し検討してほしい。
    8.一般向けのPRツールの作成:配布できるものを作成しようと考えています。

  《研修委員会》代表説明者:橋詰委員長
    1.企画イベントとして10月研修、11月会長座談会、2月体験見学の事業予定。
    2.午前中住宅ローンなどの講習会 午後はスケッチアップの中級編講習を
      10月4日で企画している。 参加費は500円程度。 場所は滋賀。 午前午後の参加費は別。 
      開催までの日程がなく青年部会の承認が次回の会議では広報に無理がないか?などの質問あり。
      開催の方向で大凡の承認を得た形で次回の会議で協議する。
    3.11月の会長座談会は、11/15に決定。
      今年は少し形態を変えたいと意見もあり、ざっくばらんに食事会から開始と
      の声もある。現在まとめ中ですので次回の会議では議論できると思う。
      食事会よりの始まりは感心できない。メリハリはつけて頂きたい。
    4.体験見学研修は、2月14日で予定している。
    
  《運営委員会》代表説明者:岩西委員長
    1.近畿建築祭のテーマに関連し近畿あーきてくと2015のサブタイトルは
      「地域のそなえ」に決定
    2.予算書の前回よりの訂正として当日配布冊子の増刷
      (兵庫での会議で参加者に全ての資料を配布する事とした)
    3.当日のスケジュールは前回通り3時間として行う。
    4.現在発表者を決定していくとともに配布チラシの内容を作成中。
      チラシについては、兵庫との協議を必要とし今後決定していく事とする。
      (兵庫としては10月告知11月参加者募集予定)

【4】その他
     特記無し。

【5】各府県活動報告(兵庫県)
   兵庫県建築士会青年委員会の組織概要
     ①組織構成、②委員構成及び所属人数、③親会とのつながり紹介
   兵庫県建築士会青年委員会の運営の方法
     ①定例会議、②会議の運営方法
   平成26年度(公社)兵庫県建築士会 青年委員会
     【活動テーマ】 これからの地域に根づく建築士会
     【活動方針】  いろんな人との交流 個人の資質向上
               未来をともに考える仲間づくり
   平成26年度事業予定の報告
   兵庫における今後の活動課題
     ①若手会員を増やし青年委員の活発な会にしたい
     ②各方面への情報ネットワークの構築
     ③建築士会の認知度高める活動の充実
     ④各事業の告知から報告の実践
     ⑤ 近畿の各建築士会の共同事業への参戦
   事業報告 木造住宅研究小委員会リーダー堀田氏より
     3月に見学会を行った十津川仮設見学と6月28日開催の断熱セミナーの報告して頂きました。

【6】各単位士会青年委員会(部会)からの報告
     1.滋 賀:会報誌参照
     2.京 都:会報誌参照
     3.大 阪:会報誌参照
     4.兵 庫:会報誌参照
     5.奈 良:会報誌参照
     6.和歌山:会報誌参照

【7】各位挨拶等 オブザーバー参加各位より感想と激励
        会議出席のオブザーバーより感想と激励をいただきました。



平成26年度第2回定例会議(兵庫会議)の報告は以上です。

作成者:PR委員会委員  兵庫県建築士会  衣川 幸文


テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

  1. 2014/07/12(土) 17:00:00|
  2. 定例会議
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

近畿建築士会協議会青年部会

Author:近畿建築士会協議会青年部会
近建青のブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
定例会議 (13)
交流 (1)
報告 (3)
研修 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。